アニマルコミュニケーション習得講座 受講者様の声

犬(あんどれくん・おすかるくん・ふぇるぜんくん)の飼い主Yさん

私は、主人と3頭の愛犬たちと暮らしていているのですが、元々犬がちょっと怖いと思っているところがあって、主人が留守にしている時、みんなが大騒ぎを始めて、どうしたらいいか分からなくなってしまうことがあったので、うちの仔たちの気持ちを聞いてみたいと思っていたんです。

 

 アニマルコミュニケーションは以前から興味があったけど、私には無理だと思っていました。でも講座を受講して、コミュニケーションがどんなものかが分かって、うちの仔たちにたくさん話しかけるようになりました。想うことも増えたし、留守中も声をかけていると、とても近くに感じるられるんです。今までよりも、うちの仔たちと話したい、わかり合いたいと思うようになりました。

 

コミュニケーションをやってみて、特に嬉しかったことは、4年前に天使になった仔の気持ちを感じられたことです。私たちが留守中に亡くなっていて、「どうして帰るまで待っていてくれなかったんだろう」「苦しんだんじゃないか」という心残りや後悔を、ずっと抱え込んでいました。でも、苦しくなかったことや、今どんな気持ちでいるのかを自分で聞くこと、感じることが出来て、本当に心が軽くなりました。ペットロスで辛い思いをされている方に、是非体験して欲しいです。

 

私がコミュニケーションを知って、こんなに楽しいのだから、みんなができるようになったら、すごく幸せだと思います!



犬(淀ちゃん・さすけくん・ぼんてんまるくん)の飼い主Kさん

大好きだった愛犬を亡くし、ペットロスで辛い思いをしている時に、知人からアニマルコミュニケーション講座があることを聞き、すぐに受講の申し込みをしました。

 

アニマルコミュニケーションでは、亡くなった子ともコミュニケーションがとれるとのこと、初めは理解できませんでしたが、先生とお話をする中で、感覚や気付きを得ることができ、動物とのコミュニケーション方法について理解できるようになりました。

 

亡くなった愛犬とはコミュニケーションをとることで、とっても身近に感じるようになりました。他の子とも人間の一方的な判断にならないようコミュニケーションをとりながらくらしています。以前より気持ちが通じ合っている気がします。

 

コミュニケーションによって、動物の気持ちを理解してあげることで、お互いにストレスなく、仲良く暮らしていけるということを身をもって体験しています。



犬(ロッテちゃん・ルークくん)の飼い主 Kさん

以前からアニマルコミュニケーションに興味があって、動物には言葉ではないコミュニケーションツールがあるんだろうなと思っていました。

 

うちはキャバリアの女の子と男の子がいて、上の仔はのんびりした穏やかな女の子、下の仔は天真爛漫な男の子。下の仔が特に音に敏感で、色んなことが気になって仕方がないみたいなので、何がそんなに気になるのか聞いて見たかったんです。普段からよく話しかけているのですが、一方通行な感じがしていたんですよね。この仔たちの気持ちは何となくわかる気はするものの、私が聞きたいことはわからない。聞いてもらうより、自分で聞けるようになりたかったので、まずは【ペットの気持ちがわかる】お茶会に参加しました。

 

お茶会で実際に体感した時、「これ?!」って思いました。以前から知っている感覚でしたが、この感覚でコミュニケーションすることがびっくりでした。もっと明確に掴みたいと思ったので、すぐに講座を受けることを決めました。

 

講座を受けて、一方通行ではないコミュニケーションがわかりました。お姉ちゃんのロッテは、とてもおしゃべりが好きで、自分からコミュニケーションしてくるようになったんです!これは本当に面白い。弟のルークは、耳が良過ぎて音に敏感な体質だということがわかったので、それを理解してあげてから、反応が変わってきました。ワンワンするのに、口数が少ないのが意外でしたね。カーミングシグナルと合わせてコミュニケーションを活用すると楽しさが倍増です!

 

この感覚に気づいてから、私の中でいろんなものが繋がった感じがしています。今は、うちの仔はもちろん、他の仔たちともコミュニケーションして、しつけやオーナーさんの気持ちを楽にしてあげたいと思うようになりました。もっと続けて、いつでも動物とコミュニケーションが取れるようになりたいです!



犬(宙太くん)の飼い主 Nさん

うちの仔が今こんな風に思ってるだろうなということは、日頃生活の中でなんとなくわかる気がしていましたが、もっとわかるようになりたかったですし、コミュニケーションが取れるようになれたらいいなと思っていました。

 

アニマルコミュニケーションについては、以前アニマルコミュニケーターの方にお願いしたことがあったのですが、なんだかスピリチュアル的な要素満載で、しかもその時に普段あまり吠えない宙太がワンワン吠え出したこともあって、あまりいい印象を持っていないというのが正直なところでした。

 

本当に自分でコミュニケーションが出来るようになるのか半信半疑でしたが、興味があったので、お茶会に参加してみることにしました。最初にコミュニケーションについて「特別な能力ではなく、脳を使う」と聞いて、とても納得出来て、気持ちも切り替えられたのですが、はっきりと感覚が掴めなかったので、講座を受講することにしました。

 

講座を受けて、コミュニケーションが取れるようになりました!感覚が掴めた上に、自分の脳(思考)のクセまで発見出来ました。まだ言語化が上手く出来ない感じですが、コミュニケーションを続けて、慣れていこうと思います。

 

これからうちの仔とより親密な関係を築いていきたいですし、問題行動などで悩んでいるパパさんママさんのお役に立てたらいいなと思っています。なによりも動物たちのストレスを軽減してあげたい。

 

私はペットイベントに関わっているので、将来的にMCだけでなく、トータルでペットのことを語れるようになりたいです。ペット業界の多動力MCを目指します!



個人セッション参加者様の声

猫(Rちゃん)の飼い主 Aさん

私の都合で一時的に家を離れることになり、家が大好きなRちゃんにずっと申し訳ない気持ちでいました。今は家に戻っていますが、実際あの時はどう思っていたのか聞きたいです。

Rちゃん:私はママと一緒なら、どこでも平気よ。心配しなくても、どこでもついて行くわ。だって私がママのことを守ってるのよ!知らなかったの?

【Aさんの感想】

Rちゃんの気持ちが聞けてホッとしました。私が守らなきゃって思っていましたが、実は私を守ってくれてたんですね、知りませんでした。家の周りは自然が多くて、いつも自由にしてあげられていたのですが、家を離れている間は外に出してあげられなかったことが、ものすごくストレスになっていたんじゃないかと本当に心配だったんです。これからはもっとたくさん話しかけて、今まで以上に分かり合えるようになりたいです。

【その後の様子】

コミュニケーションをしてもらってから、以前よりRちゃんと意思の疎通が取りやすくなったんです。よく話しかけるようにしているのですが、ちゃんと伝わっている感じがしていて、留守にしている間も以前より心配がなくなりました。お願いして本当によかったです!気になることがあったら、また相談したいと思います。

 



猫(Cちゃん&Kちゃん)の飼い主 Mさん

旅行に行く際、ペットシッターさんに訪問してもらっているのですが、そのシッターさんについて、うちの仔たちがどう思っているのか聞いて欲しい。特にCちゃんが、ストレスを感じている様子で、毛が抜けてしまうこともある。「次の旅行のときに、そのシッターさんにお願いしようかどうか、悩んでいます。

Cちゃん:ペットシッターさんは嫌いじゃないよ。でも僕のことは構わないで欲しいし、触らないで欲しいんだ。

ご飯をくれるから、それは嬉しい!!

 

【Mさんの感想】

CちゃんとKちゃんは兄弟なのに性格が真逆で、とてもビビリなので心配だったんです。Cちゃんの気持ちが聞けて嬉しいです!

このことをペットシッターさんに伝えて、次の旅行の際には、安心してお願いすることができます。

 

【その後の様子】

先日、一週間家を留守にするため、いつものペットシッターさんにお願いして出かけました。

前回のストレスでできたお腹のヘルペスがひどくなっていないか心配だったけれど、アドバイス通りにお願いしたところ、なんと!帰宅したらヘルペスが治っていました!!とても嬉しかったです!!!

おかげさまで、これからもそのシッターさんにお願いできます。ありがとうございます。感謝です❤️



犬(Aちゃん)の飼い主 Mさん

Aちゃんは昨年、11歳で虹の橋を渡りました。腎臓を片方取る手術をして、その後退院しましたが、食欲が戻らず入院し、天使になってしまいました。入院中、車が動かなくなったり、お見舞い時間に間に合わなかったり、毎日行けなかったことに怒ってたんじゃないかしら?と思っています。

亡くなって、49日が過ぎたけど、Aちゃんといた日々が忘れられず、なんとかして今のAちゃんと話がしたい、なんでもいいから聞かせて欲しいんです。

Aちゃんは、私がガンを患ってるときに我が家にやってきて、わずか11年間という年月病気だらけでした。もしかして私の身代わりになってくれたのかな?と、ずっと気になっています。

 

Aちゃん:ぼくはママの笑顔が大好きだったんだ!ぼくが体調が悪いとき、いつも一生懸命お世話をしてくれて嬉しかったよ。

ぼくがママの身代わりになったんじゃないかって心配してるの?そんなことないから心配しないで。

お見舞いに来てくれるのは嬉しかったけど、ママが泣いているところを見たくなかったから、お見舞いに来れなかったことを怒ってなんかないよ。ママと過ごした日々は本当に楽しかったよ!いつも側にいるからね。

【Mさんの感想】Aちゃんはここには居なくなってしまったけど、どこかにいるんですね!

会いたいけど、仕方ないですね。ずっと気になって、もしかして病気の私の身代わりにやって来た仔なんじゃないかと、とても申し訳なく思っていました。葬儀後に寄ったコンビニで、子どもがくじを引いたら珍しくA賞。なんと賞品がAちゃんに似たタヌキのぬいぐるみでした。もしかしたら、私たちを思っての置き土産にして行ったんだろうなと感じています。

Aちゃんがくれたメッセージをありがとうございました(^_^)