ペットの可愛い仕草に応えたい!犬が甘えている時に見せる仕草とその意味

犬は、言葉の代わりに行動や仕草で気持ちを代弁しています。

なんとなく甘えていることはわかると思いますが、その行動や仕草にどのような意味があるか、しっかり読み取ることはできていますか?甘えてくる仕草によって、愛犬が飼い主に求めていることは違ってきます。

甘える仕草別に見る犬の気持ち

甘える仕草別に見る犬の気持ち

甘えてくる仕草によって、犬の求めるものは変わってきます。

前足を乗せる

飼い主の腕や膝に前足を乗せて飼い主を見つめてくる仕草は、「もっとこっちを見て!」という気持ちの表れ。また、遊んで欲しかったりおやつが欲しかったりする時にもこの仕草をすることがあります。

時間があれば、しっかり遊んであげると良いでしょう。

顎を乗せてくる

飼い主の膝や身体に顎を乗せてくるのは、安心しきっている証拠。信頼の証と読み取ることができます。ゆっくりと身体を撫でてあげると、よりリラックスすることができます。

お腹を見せてくる

お腹は犬にとって弱点になる部分。そんなお腹をさらけ出すのは、敵意がないことの表れ。構って欲しい気持ちと同時に、飼い主への信頼を表現しています。こんな時はリクエストに応えてお腹を撫でてあげましょう。犬も満足し、信頼関係もより深くなります。

甘えさせるのもほどほどに

甘えさせるのもほどほどに

甘えてくる犬の仕草はとても可愛くて、いくらでも構ってあげたくなってしまいますが、甘えられるたびに応じていたのでは主従関係の逆転にもつながりかねません。更にエスカレートすると、飼い主に依存しすぎて分離不安症になってしまうことも。

甘えに応じるのは「ほどほどに」を心がけましょう。何かの用事がある時には甘えられてもそちらを優先するなど、しつけの基本である主導権を握ることを忘れずに。

自分を信頼して甘えてくれるペットの存在は可愛くて仕方がありませんが、やりすぎはかえってワンちゃんにも飼い主さんにも良くありません。適度に応じつつ、度を越しそうになったら心を鬼にして毅然とした態度で対応することを忘れないようにしましょう。

ペットの気持ちを読み取るには、目や口、耳、尻尾など、表情や行動、仕草に注目することが大切です。MOCO MOONでは、飼い主さんとペットをつなぐお手伝いをしています。行動や仕草以外にペットの気持ちを読み取る方法をお伝えするアニマルコミュニケーション講義を開いていますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

ペットの気持ちを読み取る講義を受けるならMOCO MOONへ

会社名 合同会社MOCO MOON
業務執行・代表社員 薦田由美子
住所(本社) 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−14 7F
住所(MOCO MOONサロン) 〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷317−1 パシフィック大磯102号室
設立 2018年5月22日
メールアドレス info@mocomoon.com
電話番号 080-5469-3028
URL https://www.mocomoon.com/