犬が夜鳴きをするのはどうして?その原因と対処法について

夜、急に犬が夜鳴きをはじめると、どうしたらいいかわからなくなってしまう方も多いでしょう。

犬の夜鳴きは、年齢や状況によって考えられる原因が違います。愛犬の状況に照らし合わせて解決策を考えましょう。動物の気持ちを把握するために、東京周辺でアニマルコミュニケーターの講座を受講したいとお考えでしたら、ぜひMOCO MOONをお役立てください。

子犬が夜鳴きをする理由と対処法

子犬が夜鳴きをする理由と対処法

子犬が夜鳴きをする原因と対処法は以下の通りです。

寂しさ

新しい家に来たばかりの子犬は、不安や寂しさから夜鳴きをすることがあります。

通常、子犬は母犬や兄弟同士でくっついて温もりを感じながら眠るため、少しでも寂しさを和らげてあげるためにも、寝床にクッションやぬいぐるみ、タオルなどを入れてあげましょう。

試し鳴き

鳴き声が徐々に大きく強くなる場合は、どこまで鳴けば構ってもらえるのか、飼い主さんを試していることがあります。この時に構ってしまうと「鳴けば構ってくれる」ということを覚えてしまうため、心が痛むかもしれませんがきっちりと無視するようにしましょう。

また、飼い主の気配を感じると試し鳴きをしがちなので、ケージやサークルを布で覆ってあげると落ち着く場合があります。

運動不足

子犬の時期は睡眠時間が長く、よく眠る子が多いですが、新しい家に迎えられると睡眠のサイクルが乱れてしまうこともあります。その場合は、日中にしっかりと遊ばせてエネルギーを発散させましょう。

成犬の夜鳴き

基本的な対応は子犬と同じですが、注意したいのは運動不足が原因だった場合です。犬種によっては成犬になるとかなりの運動量を必要とする犬種もいますので、愛犬が必要とする運動量を把握して、きちんとそれを満たしてあげるようにしましょう。

老犬の夜鳴き

老犬の夜鳴き

老犬になってからの夜鳴きは、老化や認知症などの可能性があります。視力や聴力が衰え始めると不安になるため、飼い主さんの気配がわかる場所にハウスを移して、こまめに声をかけてあげましょう。

また、認知症になると体内時計が狂いやすくなってしまうため、日中にお散歩をしたり日に当てることで夜鳴きが減ります。

ご近所への迷惑も気になる夜鳴きは、きちんと犬の様子を見て適切な対処をすることで回数を減らすことができます。MOCO MOONでは、動物たちとコミュニケーションをとるためのアニマルコミュニケーター講座を開催しています。

体験クラス・実践クラス・初級講座と、学びたい内容に合わせてお選びいただけますので、アニマルコミュニケーターに興味のある方はお気軽にお問い合わせください。費用に関するお問い合わせもお待ちしています。

アニマルコミュニケーターの講座を受講するならMOCO MOONへ

会社名 合同会社MOCO MOON
業務執行・代表社員 薦田由美子
住所(本社) 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5−14 7F
住所(MOCO MOONサロン) 〒259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷317−1 パシフィック大磯102号室
設立 2018年5月22日
メールアドレス info@mocomoon.com
電話番号 080-5469-3028
URL https://www.mocomoon.com/