· 

サーフィン

しばらく海に行ってなかった。海に行っていないというか、サーフィンをしていなかった。時間はあるのに、サーフィンをしようと思わなかったのは、今までなかったことのような気がする。

 

サーフィンを始めたきっかけは、「当時付き合っていた彼がサーファーだったから」というよくあるパターン(笑)。ワイキキのレンタルロングボードで、初めてボードが走った時の感覚は今でも覚えている。20年前、ワイキキのサーフショップでボードを衝動買いして以来、私の生活でサーフィンを考えないことの方が少なく、住まいを探す時はいつも「海の近く」が第一条件だった。

 

歳を取るにつれて、真冬は波があっても入らなくなっていたけれど、「波がないとストレス」「波があっても入れないとストレス」そんなサーフィンに、時間があって、波もあるのに行かないなんて、自分でびっくりしてしまうが、この間海に行く時間が勿体無いと思うほど、やりたいことがあったということだ。「そんな時があってもいい」なんとなくそう思った。

 

徐々に海に行きたい気持ちが戻ってきた。「自分の気持ちに素直になる」この度サーフィンからそんなことを考えるきっかけをもらった。